オンライン問い合わせ

ニュース

三星平澤半導体工場が5年ぶりに「送電矛盾」

Samsung Pyeongtaek Semiconductor Factoryが提供する「Ancheng Chengxi-Gude送電線建設案件」は、通常どおり推進される予定です。過去には、住民からの反対にもかかわらず、サムソンによって建てられた3番と4番の工場の電源が利用できなくなることが現在合意されています。問題が発生します。

韓国メディアの「etnews」報道によると、12日午後、Anshi City Yuanguヌードル居住者対策委員会とKorea Electric Power CorporationがSamsung Electronicsと「西安市 - グッド送電線建設協力協定」を締結しました。契約によると、2023年までに、韓国電力公社はYuanyan 1号の送電塔から21号の送電塔への架空送電線を建設する予定である。電力供給の後、トンネルは2025年までトンネルを掘られ、それから破壊されます。オーバーヘッドラインユーザー負担の原則によると、サムソンは総延長23.86キロメートルの建設プロジェクト(3,490億ウォン)と将来の集中費用(482億ウォン)の技術費を負担する。

サムソングッドパークと京畿道サウスパークに電力を供給するために、韓国電力公社は2014年に35本の送電鉄塔の建設を開始した。しかし、安城市元光の住民は送電鉄塔の建設に反対した。何十もの協議の後、彼らは合意に達することができませんでした。その後、Jin Xuerong氏が提案した仲裁案件を通じて、今月5日、住民と韓国電力公社との間で合意に達しました。

電力問題が解決された後、サムスンはPyeongtaekのNo.3とNo.4プラントの将来の建設における電力問題も解決すると予想されます。 Samsung Pyeongtaek Semiconductor Parkの最初の工場は現在稼働中で、2番目の工場はまだ建設中です。