オンライン問い合わせ

ニュース

年間増加率はほぼ60%です。中国本土は半導体装置市場で世界第2位にランクされています



  SEMIは11日、世界の半導体製造装置の総売上高が2018年に645.3億ドルに達したことを発表し(同単位)、年間成長率は14%と過去最高を記録しました。 、そして年増加は60%近くであり、そして成長率もまた最も大きい。

2年連続で、韓国は世界最大の半導体新装置市場となりました。 2018年の売上高は177.1億元、続いて本土が続いています。初めて、それは1311億元のスコアで2番目に大きい機器市場に飛びつき、10.17億元で3位にそれを置き換えました。台湾、中国日本、北アメリカ、ヨーロッパ、および東南アジアによって支配されている他の地域は94.7、58.3、42.2、および40.4億でそれぞれ4位から7位にランク付けされ、2017年と同じランキングに入っていませんでした。

年間成長率の面では、中​​国本土は前年同期比で59%増の82.3億元から1311億元へと増加し、日本は2017年から46%増の649億元から947億元へと増加した。東南アジアが優勢な他の地域では、年間増加率は26%です。ヨーロッパでは15%で4位です。台湾の半導体製造装置の売上高は前年同期比12%減の114億9000万元から10億1700万元に減少し、景気後退が最も大きかったことは言及に値する。韓国が最大の市場を維持している間、それは前年よりわずかに1%下がっていました。台湾、中国に次ぐ。

報告書はまた、2018年に世界のウエハーウエハー処理装置の販売が15%増加したのに対し、他のフロントエンド装置は9%増加したことを指摘した。試験装置全体の売上高は20%増加しましたが、組立および包装装置の売上高は2%増加しました。